FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
野村の実践「論語」より
2013-06-10 Mon 16:39
野村克也・著
「野村の実践『論語』」
を読んでいて,まえがきに「阪神の謎」という章がありました。

野村監督が,阪神の監督に就任するにあたり,阪神タイガースの問題点を回想したシーンについて,以下のような内容があります。

「阪神という球団には,そもそも指導者と選手の間に信義がなかったのだ」
「相互の信がないから,Aクラスにも入れない。信がないから,組織が機能しない。そもそもリーダーに信を育てようとする理念がない。だから,選手は執着心をもって勝とうともしない。」

サンフレッチェ広島は,どうでしょうか。
この20年間,たしかにいい事ばかりではなく,苦しい時期も長かったと思います。
しかし,今,サンフレッチェにこのような

「指導者との選手の間に信義がない」

というような,悲しい状況はありません。
それどころか,素晴らしい信頼関係で,共に戦っていると思います。
組織として見た場合も,チームとしても,クラブとしても,理念と哲学を持ち,それを体現する気概と,工夫を持っています。

自信をもって,素晴らしいクラブだと,言える。
選手もクラブも広島の子どもから大人の手本となりうる。
なにより,そのエンターテイメント性でも,日本のサッカーフリークの注目を浴びる存在でありうる。

協議会で言われたたように
「広島にとってサッカーがどのような存在なのか」
ではなく,ぜひ
「サンフレッチェとはどのような存在なのか」
を,全広島の人に興味をもってもっともっと見てほしい。

それだけの価値があると,俺は思っています。
スポンサーサイト
別窓 | 独り言 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<石橋りゅうじ議員のブログ | ひろしま夢スタジアム~スタジアムは、街づくり~応援ブログ | 第一回サッカースタジアム検討協議会>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| ひろしま夢スタジアム~スタジアムは、街づくり~応援ブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。