FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
現在の論点 0.広島にサッカースタジアムは必要か
2013-05-31 Fri 16:51
昨日書いたように,現在広島市ではスタジアム建設のついての協議会を立ち上げ

1,まず専用スタジアムをどこに,どのような規模で建設するかという議論がなされる予定です。

そして,

2,協議会が「サッカースタジアムを市民球場跡地に建設すべき」との決定をした場合は,「文化・緑地施設」との比較
ということとなり

3,比較検討の結果,市長の判断
ということとなる模様です。

私ごときの情報がどれだけ確かかわかりませんが

「サッカースタジアムを建設しよう」

という点においては,38万人もの署名を集め,設置された協議会の立ち位置を見ても流れは大きく,もはや当然の前提となっているかのようにも思えるかもしれません。

しかし,興味をもってここをご覧になっている方以外の広島市民の中には

「ビッグアーチもあるのに,なんで作る必要があるのか」

という発想の方もまだまだ多くいらっしゃるのではないでしょうか。

まず市民の理解,という点においては,この当たり前の前提を本当に当たり前にする,という点は基本でありますが,基本であるからこそ,重要なのかもしれません。

過去に,秋葉氏が議論だけさせて延々と結論を伸ばしたのも,無視できると踏んだからでしょう。
無視できないほどの声にまとめあげる,というのは民主主義,「健全なる市民主権」(石橋りゅうじ議員 )の地域においては,とても重要かつ根本的なことだと思います。

そこで,論点の位置づけとしては

0.広島にサッカースタジアムが必要なこと
が,まず冒頭に来るのではないでしょうか。

(以下,随時更新予定です)

スタジアムの必要性として考える場合

(1)必要だ,という積極的理由
(2)ビッグアーチでの限界,という消極的理由

に大きく分かれるかと思います。

(1)スタジアムが必要な積極的理由としては

①サンフレッチェという,広島の財産であるクラブの効果を最大化させることができること
②都市機能として,街づくりの効果も発揮できること

①については,ビッグアーチの限界とも重なりますが,アクセスの問題がまず存在すると思います。

サンフレッチェ広島,という素晴らしいクラブチームが広島にあっても,多くの人に見てもらうことができなければ宝の持ち腐れとなってしまいます。
例えば,行きたくても平日などは仕事終わりでは間に合わない,土日でも他の用事があれば間に合わない…
また,遠いがゆえに「ちょっと見てみようか」という気分ではなかなか観に来てくれない…ということもあるのではないでしょうか。

しかし,ご存じのようにサンフレッチェ広島は,地方クラブながら素晴らしい努力で昨年Jリーグで優勝しました。
この素晴らしいサンフレッチェ広島というクラブを,多くの人にとって見やすい場所で,多くの人に見てもらう,見ることができるということは,クラブの選手の努力に相応しい広島の財産なのではないでしょうか。

また,単純なアクセスの改善による観客数のアップ(統計によるスタジアム周辺5キロ圏内の人口)のみならず,より見やすい場所で,より多くの観客が期待できるということはより露出が増すことになり,広告などの価値も付随的に増すこととなります。
サンフレッチェにも,スタジアムにも,また,広告を出す企業などにとっても,露出が増えるということはメリットとなるのです。

そして,観客・利用者が増えれば周辺の経済も活性化が期待できます。
今のビッグアーチは,行って帰るだけ,というのが多くの人の感想です。
勝利の祝杯をあげたい,仲間と盛り上がりたい,負けた悔しさを晴らしたい,お土産を買いたい,家族で食事をして帰りたい…
残念ながら,これらの行動はビッグアーチでは不可能なのが現状です。
せっかく集まった1万人を超える観客が,何もせずに帰っていくだけ…

さらに,検討されているサッカー専用のスタジアムであれば,サッカーそのものの見やすさが劇的に変化します。
サンフレッチェの素晴らしいサッカーを,観る側も,プレイする選手達も,より近くでより身近に見て感じることができるようになります。

これはふと思いついたのですが,(まだ仮の段階ですが)市民球場跡地であれば,原爆ドームが見えるはずです。
(スタジアムの設計によっては,見えないかもしれませんが)
原爆から復興した広島のシンボルを背に闘う広島の選手・サポーター…
どんな苦しい場面でも,試合でも,
「絶対に諦めない!」という気持ちも湧いてくるのではないでしょうか。

さらには,市民球場跡地であれば,マツダスタジアムとの距離が近く,ハシゴも容易に可能です。
カープもサンフレッチェも見たい,という人には,両試合のお得な観戦チケットを販売するのも可能になるかもしれません。
プロ野球とJリーグの試合が両方見られる都市,というのは日本でもほとんどありません。
それをより見やすくすることも可能になるはずです。


協議会での意見を聞いて感じたのですが
「広島市民・県民のサンフレッチェに対する関心の度合」
は,少し私の想像を超えていたようです。
論点0以前に,サッカーの位置づけ,などから始めた方がいいのでしょうか。
サンフレッチェがどのような努力をしていたのか,どのような素晴らしい結果を残しているのか…
「知らずに語る」ということだけは,固く控えて頂きたい,とは思います。
サンフレッチェが,どのような努力をして素晴らしい結果を残しても,まったく見向きもしない…
私は未来を語る・考える上でこそ,サンフレッチェの存在は広島の希望と言っても過言ではないと思います。


スポンサーサイト
別窓 | 論点について | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<第一回サッカースタジアム検討協議会 | ひろしま夢スタジアム~スタジアムは、街づくり~応援ブログ | 市長会見&協議会設置について>>
コメント
★ 素晴らしいアイデアです
旧市民球場跡地にサッカー専用シタジアム。素晴らしいアイデアだと思うし、ここ以外にまさる候補地はありません。専スタを建設するなら、旧市民跡地しかない。どんどんやって下さい。進めて下さい。マツダ・スタジアムが完成して5年目です。もう声を大にして専用スタジアム建設を訴えてもいい時期です。①収容数は3万3千人。③客席の60%を屋根で覆う。③年間収入の7割以上はサッカー以外での収入が見込めること。以上の裏付けと説明ができるようにしておくことが大事です。場所は旧市民跡地。ここしかないし、この場所でサッカー関係者全体が1枚岩になることが大事です。
2013-06-12 Wed 00:55 URL | 初代・毛利元就 #-[ 内容変更]
★ コメントありがとうございます
>初代・毛利元就さま

コメントありがとうございます。
私ごときの書いたものが,人様の目に触れていることを自覚し,身の引き締まる思いです。

仰られているように,旧市民球場跡地利用策としての適性の高さ,時期など,スタジアム建設を決定すべきであると考えます。

規模・施設・収益面については,仰られている通り,クラブ側などではかなり詳細に検討を行っているとの印象を受けます…
が,これが現段階ではあくまで
「クラブの私案」にすぎず,現在行われている協議会において,正式な「具体案」として,行政ないし市民に示す必要があります。

市民球場跡地でのスタジアム建設を前提にできれば,検討協議会でより精緻なプランを練ることができる…

しかし「場所は絞らない」という委員や意見があると,「市民球場跡地」も一候補にすぎず,その中身を具体化することすらまままならない…
というおそれもあります。

まだまだ書ききれていませんが,市民球場跡地に建設する場合の検討課題はたくさんあります。
ですが,それを検討するためにも,元就さまの仰られるように,まずは
「旧市民球場跡地にスタジアムを」
との決定を早急に行わなければならないと思います。

そのための情報提供などの一助となれば…との思いが,この拙いブログをはじめたきっかけでもあります。
これからも,コメント・ご指摘・アドバイス等ありましたら,是非よろしくお願い致します。
2013-06-12 Wed 09:37 URL | ジョムトーン #-[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| ひろしま夢スタジアム~スタジアムは、街づくり~応援ブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。