スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
第三回 スタジアム検討協議会
2013-08-24 Sat 00:36
本日,第三回スタジアム検討協議会が開催されました。

自分も傍聴に行ったのですが,仕事の都合で途中で退出。
他の方がツイッターなどで報告して頂いているので,退出後については,皆さまの情報を総合させて頂こうと思います。

とりあえず,関心のある方は気になっていると思いますが,(今日も詳しく書けず,しばらく更新する時間もないので,)結論から言うと,今回の協議会で具体的なスタジアムの話は,なされていない模様。
皆さんの関心のあるような話は出ていないと思うので,詳細は後日更新致します。

今回は広島の街づくりにおけるスタジアムの位置づけ,という議題でしたが,私が傍聴できた3時から4時半までの間は,
・サンフレッチェの地域貢献活動について
・街づくりについて,県・市の報告
(ただし,質問に対しては「担当が違うのでわかりません」を連発)
・会長,資料を延々と読み上げるの巻

の三本立てでした。
会長の資料を読み上げるの巻,では,皆さん睡魔に襲われてました(笑)

委員から建設場所についての発言が出ると,議題と違うと会長が止める場面もあったとのこと。

永田委員からは,他の専用スタジアムを視察することや,エディオンスタジアムの視察もしないか,という提案があったと。

そして,次回からは具体的な検討をしましょう,という会長の締めで終わった模様。

裏返すと,今回までは,具体的な検討をしていない,ということ。
「そもそも論」で,三か月,三回の貴重な時間を費やしたことになる。

そこまで議論の土台ができていなかったから,仕方ないとするのか。
これを拙速と捉えるか。

正直,それは検討協議会の性格をどのように捉えるのか,によるかと思います。
スタジアムの建設を前提として,具体的なプランを提案する協議会であると想定していた側からすれば,拙速に映ると思います。
他方,「そもそも論」から,理解を得て進めるべきだと考えるのであれば,「スポーツの位置づけ」「スタジアムの役割」「サンフレッチェの現状」などから,逐一紐解くことは,必要な過程であったとなるのでしょう。

これは,設置した主体である市が,何を想定して設置したのか自分でも分かっていないのが原因ではないかと思います。

ですが,現実に理解・関心の浅い委員が存在し,委員の間の認識の程度に天地ほどの差があり,それでも会議体として議論を進めていかなければいけない以上,これを理解を広げる場として前向きに捉える以上はないともいえます。

しかし,次回からは具体的な議論をすると宣言した以上,また,これまでも十分な時間を費やし「そもそも論」を行ってきた以上,これまでのような体たらくでは許されない,という厳しい視線を,各委員に注ぐことも必要であると思います。
そのような気運を高め,市民の間に理解を広げることこそ,エバンジェリストである,サポーターの皆さんの出番であると思います。
今回も報道陣が大勢来ていましたが,それだけ「市民の関心が高い,ふざけた議論・委員は許さない」という空気を醸成することは,議論を大きく促進することになると思います。
我々にできることは小さいかもしれませんが,焦らず弛まず怠らず,議論していきましょう。




スポンサーサイト
別窓 | スタジアム建設への動き | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<【第1回・跡スタたる募金in本通り】 &サッカースタジアム推進プロジェクト、ページ更新 | ひろしま夢スタジアム~スタジアムは、街づくり~応援ブログ | 第3回夢スタジアム シンポジウム②>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| ひろしま夢スタジアム~スタジアムは、街づくり~応援ブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。